スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.09 Tuesday
    • -
    • -
    • -

    ”ツバメの巣”に含まれる糖鎖とは

    0
      「身体の免疫システムの監視役」働きを最も解りやすく言うと、「細胞と細胞をつなぐ情報伝達器」のようなものといえます。通常、細胞と細胞はアンテナのように糖鎖を張り巡らせて、細胞間のコミュニケーションを非常に円滑に行っています。
      しかし、ひとたび病原体が体内に侵入してくると即座にこれを見つけ出し、免疫細胞にこれを排除する指令を出します。他に、ガン細胞を見つけたり、自己と非自己を見分けたりするのも役割です。身体の免疫システムを正常に機能させていくために非常に重要な役割をしています。


      糖鎖

      糖鎖の栄養素

      糖鎖になるのは、たった8種類の単糖類のみ。200種類ある単糖のうち、わずか8種類の単糖によって糖鎖は作られています。
      /事から十分摂れる:グルコース、ガラクトース
      ⊃事から少し摂れる:マンノース、フコース、キシロース
      食事からほとんど摂れない:N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸

      糖鎖の元になる栄養素は糖質のみです。この主に植物が作る糖質の単糖類は約200種類ありますが、そのうち糖鎖になるのはグルコースを初めとする、たったの8種類だけです。※糖鎖は砂糖とはまったく別物です。

      ツバメの巣は、糖鎖栄養素8種類のうち、6種類も含みます。

      単糖名 含有食材 働き
      グルコース(Glc) ほとんどの植物・穀物、キノコ、コロイド天然水 など ブドウ糖、重荷エネルギー源、免疫賦活作用
      ガラクトース(Gal) ツバメの巣、乳製品、キノコ、増粘剤(カラギーナン) など 免疫系に重要、癌の成長・転移阻害、腸内細菌の維持、Caの吸収の増加
      マンノース(Man) ツバメの巣、キノコ、アロエ、サボテン、コロイド天然水、コンニャク など 免疫に重要、マクロファージ活性化、細菌感染阻害
      フコース(Fuc) ツバメの巣、藻類(特にモズクやひじき)、亜麻 など 免疫系に重要、癌の成長・転移阻害、気道感染症治療、抗炎症
      キシロース(Xy) 穀物や植物の皮、キノコ、コロイド天然水、メープルシロップ など 殺菌作用、病原体・アレルゲンの結合阻害
      N−アセチルグルコサミン(GlcNAc) ツバメの巣、甲殻類の甲羅(カニ、エビ)など 変形性関節症治療、グルコサミノクリガン形成、癌の抑制、ヒアルロン酸の素
      N−アセチルガラクトサミン(GalNAc) ツバメの巣、キノコ、鮫軟骨、牛乳、ムコ多糖体 など 癌の増殖・転移に関与
      N−アセチルノイラミン酸(NANA)

      ツバメの巣、母乳、ホエイたんぱく など 脳の発育に必要、免疫系に関与、粘膜の粘度調節(細菌感染防止)シアル酸=コラーゲンの素

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.07.09 Tuesday
        • -
        • 11:52
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        おすすめ商品

        投稿記事

        カテゴリー

        recent comment

        • フジテレビ「日本、フランスに惜敗!」
          coco (10/13)

        recent trackback

        • オリコン】AKB柏木由紀、最新写真集初登場2位 歴代で前田敦子と並ぶ
          あれ欲しい (05/03)

        カレンダー

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        profile

        検索

        管理

        mobile

        qrcode