スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.09 Tuesday
    • -
    • -
    • -

    今話題のツバメの巣!!!

    0
      希少価値が高いツバメの巣の中でも、特に希少とされるマレーシア産の天然アナツバメの巣《純度100%》を、たっぷり16gも使用した健康美容食品です。美巣


      ツバメの巣自体は無味無臭ですが、よりおいしくお召し上がりいただけるよう、てんさい糖を加えまろやかな甘さに仕上げています。
      てんさい糖に含まれるオリゴ糖は体を温めるといわれ、さらに美しさをひき出すコラーゲンとヒアルロン酸も配合しています。



      楊貴妃や宋美齢も愛した食材

      0
        ツバメの巣には食べ継がれてきた永い歴史があります。

        高級食材として知られるツバメの巣は、中国では“燕窩(えんか)”と呼ばれ、千年以上に渡り食用や薬用として大切に食べ継がれてきました。中国唐朝六代皇帝である玄宗の寵愛を受けた楊貴妃も、美貌を手に入れるために好んで食したと伝えられています。やがて明・清の時代に高級官吏の間で珍重されるようになり、貴族や豪商の間にも広まっていったそうです。

        また、台湾の総統を務めた蒋介石の妻、宋美齢も毎日食べ続けたといわれています。彼女はなんと106歳まで長生きし、亡くなったときにも若々しく美しい容貌だったことで有名です。

        秘宝的な高級食材として、いつの時代も上流階級だけが食すことを許されてきたツバメの巣。近年でも中国・香港の限られた富裕層が食してきたこの文化を、私たちは、日本の女性たちにも伝えたいと考えています。

        楊貴妃や宋美齢も愛した食材

        バジリスク〜甲賀忍法帖〜2

        0
          いや〜

          昨日初めてバジリスク〜甲賀忍法帖〜2を打ったんですが楽しいですね〜

          なんと言っても良いのがあの「音」ウファー付きの重低音!!感動しますね。

          久しぶりにスロットを打ったんですが、なんかアドレナリンが出てと手も興奮しますね♪

          結果は負けましたが、なんとも言えない楽しさだったので、よしとします。次は勝ちます


          以下機械割です


          ボーナス出現率
          ●BIG
          全設定共通 : 1/32768 ●ART
          設定1 : 1/294
          設定2 : 1/262
          設定3 : 1/252
          設定4 : 1/218
          設定5 : 1/210
          設定6 : 1/178


          機械割
          設定1 : 97.4%
          設定2 : 99.0%
          設定3 : 103.3%
          設定4 : 107.2%
          設定5 : 112.9%
          設定6 : 119.5%

          バジリスク〜甲賀忍法帖〜2


          設定6の119.5%はすごいですね〜

          7月27日・28日に行われる第二種電気工事士技能試験

          0
            7月27日・28日に行われる第二種電気工事士の技能試験!

            技能の試験内容は13種類のテーマより1種類の内容が試験に出てきます。

            私の知っている第二種電気工事士技能DVDを見れば「合格率が87%に!」なります。

            以上

            E.G.F「上皮細胞成長因子」

            0
              E.G.F「上皮細胞成長因子」E.G.F.(上皮細胞成長因子)とは、肌細胞の再生を促進するタンパク質の一種です。E.G.F.を多く含むツバメの巣を摂取することで、ターンオーバー(新陳代謝)を正常な状態に近づけます。
              つまり、若さと美貌を保つ働きをし、老化現象を逆行させることが出来るといえます。
              アメリカのスタンレー・コーエン博士によって発見され、1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。


              楊貴妃や宋美齢も愛した食材

              0
                楊貴妃や宋美齢も愛した食材ツバメの巣には食べ継がれてきた永い歴史があります。

                高級食材として知られるツバメの巣は、中国では“燕窩(えんか)”と呼ばれ、千年以上に渡り食用や薬用として大切に食べ継がれてきました。中国唐朝六代皇帝である玄宗の寵愛を受けた楊貴妃も、美貌を手に入れるために好んで食したと伝えられています。やがて明・清の時代に高級官吏の間で珍重されるようになり、貴族や豪商の間にも広まっていったそうです。

                また、台湾の総統を務めた蒋介石の妻、宋美齢も毎日食べ続けたといわれています。彼女はなんと106歳まで長生きし、亡くなったときにも若々しく美しい容貌だったことで有名です。

                秘宝的な高級食材として、いつの時代も上流階級だけが食すことを許されてきたツバメの巣。近年でも中国・香港の限られた富裕層が食してきたこの文化を、私たちは、日本の女性たちにも伝えたいと考えています。

                F.G.F(線維芽細胞成長因子)

                0
                  F.G.F(線維芽細胞成長因子)F.G.F.(線維芽細胞増殖因子)とは、E.G.F.(上皮細胞成長因子)と同じく人間の体内にあるものです。
                  表皮にはたらきかけるE.G.F.(上皮細胞成長因子)に対して、F.G.F.(線維芽細胞増殖因子)は真皮にある線維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞にはたらきかけ、成長と増殖を促します。
                  また、線維芽細胞が活発に働くとコラーゲンの真皮に保持し、弾力と透明感ある潤ったお肌を作り上げます。E.G.F.(上皮細胞成長因子)とF.G.F.(線維芽細胞増殖因子)を同時に使うことで、相乗効果が現れる実験結果もでています。

                  FGF「線維芽細胞増殖因子」とは?

                  0
                    FGF「線維芽細胞増殖因子」とは?

                    FGFFGFとは、、EGFと同じく人間の体内にあるものです。 表皮にはたらきかけるEGFに対して、FGFは真皮にある線維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞にはたらきかけ、成長と増殖を促します。
                    また、線維芽細胞が活発に働くとコラーゲンを真皮に保持し、弾力と透明感ある潤ったお肌を作り上げます。 FGFは加齢と共に減少しますが、皮膚に単純塗布することで表皮に浸透し、 シミ、シワ、たるみ、くすみ等の真皮のトラブルに効果を発揮します。 また、1997年、アメリカのブラウン博士が『皮膚の老化を抑制する方法』で特許取得。



                    シアル酸とは?

                    0
                      シアル酸とは、細胞表面の糖鎖末端に存在する糖の一種で、人の母乳や、唾液、牛の唾液などに含まれています。特にシアル酸が多く含まれるものには、ツバメの巣が挙げられます。
                      もともと人の体にはシアル酸がありますが、赤ちゃんを守る母乳や自然のパーフェクトフードと呼ばれるロイヤルゼリーと比べても、ツバメの巣のシアル酸量は段違いの200倍です。
                      1000年以上も続く美容効能及び成分による健康法には、やはり並々ならぬ訳があるのです。現在食品として動物の唾液が使用されているのはツバメの巣とローヤルゼリーです。

                      唾液中のシアル酸含有量の比較 シアル酸の量(mg/100g)
                      ヒトの唾液 5
                      ローヤルゼリー(ミツバチの唾液) 50
                      燕窩(ツバメの唾液) 10,000
                      シアル酸の研究
                      シアル酸の発毛効果は、名古屋市立大大学院の岡嶋研二教授と原田直明准教授が発表したもので、岡嶋教授らはアンチエイジング対策として、インスリン様成長因子−1(IGF−1)に注目した研究を続けていて、 唾液に含まれる糖の一種「シアル酸」に育毛効果があることを発見した。美肌効果も確認しており、育毛剤や美容液などの開発に応用が期待されるという。

                      実験はマウスと人間で行われ、マウスの場合は、マウス10匹の背中の毛をそり5匹には普通の餌を、別の5匹にシアル酸を経口投与したところ、4週間後、普通の餌を与えたグループはまだ背中の地肌が見えたが、シアル酸を投与したマウスは毛がほとんど元通りだったとしています。
                      人間の場合は、薄毛の男性10人の頭皮に毎日1回、直接シアル酸を塗布したところ、半年後、5人に育毛効果が表れ、女性10人のほおに4週間塗り続けると7人に肌の弾力が向上する効果もあったというものです。
                      (以上毎日新聞参照)

                      楊貴妃や宋美齢も愛した食材

                      0
                        楊貴妃や宋美齢も愛した食材ツバメの巣には食べ継がれてきた永い歴史があります。高級食材として知られるツバメの巣は、中国では“燕窩(えんか)”と呼ばれ、千年以上に渡り食用や薬用として大切に食べ継がれてきました。中国唐朝六代皇帝である玄宗の寵愛を受けた楊貴妃も、美貌を手に入れるために好んで食したと伝えられています。やがて明・清の時代に高級官吏の間で珍重されるようになり、貴族や豪商の間にも広まっていったそうです。

                        また、台湾の総統を務めた蒋介石の妻、宋美齢も毎日食べ続けたといわれています。彼女はなんと106歳まで長生きし、亡くなったときにも若々しく美しい容貌だったことで有名です。

                        秘宝的な高級食材として、いつの時代も上流階級だけが食すことを許されてきたツバメの巣。近年でも中国・香港の限られた富裕層が食してきたこの文化を、私たちは、日本の女性たちにも伝えたいと考えています。


                        | 1/29PAGES | >>

                        PR

                        おすすめ商品

                        投稿記事

                        カテゴリー

                        recent comment

                        • フジテレビ「日本、フランスに惜敗!」
                          coco (10/13)

                        recent trackback

                        • オリコン】AKB柏木由紀、最新写真集初登場2位 歴代で前田敦子と並ぶ
                          あれ欲しい (05/03)

                        カレンダー

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        profile

                        検索

                        管理

                        mobile

                        qrcode